イマサラ金銭管理

ダイエットの成功、リバウンド、離婚から悲喜こもごもイマサラ金銭管理にめざめたおかあさんのブログです。

「恋と呼ぶには気持ち悪い」~高校時代という貴重な時間に割り込んでくるおっさんに納得するための運命要素が足りない~

今週のお題「わたしの自由研究」

ま、少女マンガ研究ということで。これをお題のエントリにさせてもらいます。

 

 

「快」だけを求めて、この土日は結構たくさんマンガを読んだ。

ブコメばっか。

戦い要らない。苦しみ要らない。努力の先にある栄光も要りません。

なんにもせんでも幸せが手に入りそうな本が読みたかったという(笑)

 

 

Pixivコミックで「恋と呼ぶには気持ち悪い」を読みました。

 

comic.pixiv.net

 

イケイケの超美形サラリーマンが主人公の女子高生にぞっこんはまって、人生改心して、一途に女子高生をおっかけまわるという。そういうジャンルです。

 

 で、まぁ。語る程のストーリーもないんです。

少女マンガはもはや「和歌」の世界ですからね。

通り一遍のストーリーをどれだけ美しく描くか、面白く描くか。

それ以上のストーリーがあれば、それはもはや少女マンガというカテゴリではないと思ってます。はい。

恋と呼ぶには気持ち悪い(1)

恋と呼ぶには気持ち悪い(1)

 

 

個人的感想になりますが。

この、相手役のサラリーマンが私の好みじゃない。

途中で出てくる同級生で、ヒロインに片思いしてくる子がめちゃ好み(笑)

多丸快くんだったか?

 

このシーンが好き。

二人で妙に張り合いまくって、それぞれ次のページでへとへとになっているところ。

f:id:dottarabattara47:20190901193157p:plain

第29話の7ページ目

 まぁ、こんな二人の戦いも、かたっぽが10歳も上のサラリーマン。その時点でなんかずるいというかやっぱずるい。

で、もう、結末はほぼみえてて、サラリーマンの勝ち。そんな状況で高校生らしく正々堂々戦っている快くんが・・・かわいい。

 

 

何をどうやっても負ける方を応援してしまう。

白イケメン体質(あ。快くんは黒髪ですが)。

 

だいたいさぁ。

大人になればサラリーマンとしか恋愛なんてほぼできないし。

せっかく女子高生やのになんでおっさんにいかなあかんねん。

それも、王子様級ではなく、ちょっとええ会社の課長代理やで?

どんだけ優しいだの大人だの言って。

君に出会って僕は変わったって言われたところでなぁ。

 

社会人になってから出てきてもいいやん。

 

なにも貴重なJK時代をおっさんに捧げるなんてもったいないよ。

目の前にかわいい男子高校生がいるのに!もったいない!

また。快くんがいい子やねんもん。

趣味も完全一致してるし。無理強いしてこないし。押すときにはきっちり押してくるし。

ええ子やんか。

 

このサラリーマン・・・あかんって何度言っても食い下がってくるのが、感じ方によっては相当気持ち悪いもんね。

ヒロインが「イヤだ!」っていいながら実際は嫌がっていないので、気持ち悪くないことになってるけど。電話も出るし、誘われたらすぐ食事もお茶もついていくからな。

で、こいつが家にいるってわかってんのに親友(サラリーマンの妹です)の部屋へホイホイホイホイ遊びに行っては二人きりになりよるという。

まぁ、勝手にしろっちゃ勝手にしろやな。

完全に最初から落ちてるやんか。

 

うん。こんなビッチに快くんはやれね~わ。

と一人納得するアラフィフばばぁです。

 

まぁ、タイトルで自らきもちわるいっていっちゃってるのよね。

うん。なんか気持ち悪くて居心地の悪いものがあります。

 

でも、このサラリーマンを同級生男子や1年上の先輩とかにしちゃうと。ありきたりになってしまって、あほみたいにあるネット上のマンガのなかで「色」がつかないというのはわかる。

 

わかるがなぁ。

 

このサラリーマン。

どんだけ恋愛のことしか考えてないおばかさんなんっていう感じにしかみえないんだよなぁ。会社での良いところとかエピソードとかなくって、女子高生とからむためにやたら女子高生のテリトリーに踏み込んでくるばっかりなんやもん。


高校生同士だったら、花火一つ見に行くだけでも人生初!事件なんだよ。

そんな貴重ななにもかもはじめて!の時間におっさんが割り込んでくるのはやっぱ相当な運命を感じさせてくれないと納得できねぇなっていう。

そういう感想でした。
​​

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村